◎広島大学の安倍 学先生から頂きました准教授公募についてお知らせいたします。


 

広島大学学術院 准教授公募

1.所属(配属) 広島大学学術院(大学院理学研究科・化学専攻分子反応化学講座)
2.職名・人員 准教授 1名
3.採用予定年月日 平成29年 11月 1日以降できるだけ早い時期
4.専門分野 新規な機能性物質を創製する基礎有機化学
5.担当科目

教養教育科目:一般化学,化学英語 等
学部(専門教育科目):有機化学, 化学実験I&II,有機化学演習 等
大学院(博士課程前期):有機化学,研究指導 等
大学院(博士課程後期):有機化学,研究指導 等
この他,教養教育科目や他の学部・大学院の専門教育科目,全学事業も担当することがあります。

6.応募資格

次の要件をすべて満たす者
 (1)博士の学位(外国において授与されたこれに相当する学位を含む)を有すること。
 (2)博士課程後期の論文指導を担当できること。
 (3)英語による教育・研究指導ができること。

7.応募書類

 (1) 履歴書(市販用紙を使用,写真貼付)
 過去5年間に広島大学で雇用(TA,RA,研究員等を含む)されたことがある場合は,漏らさず記載してください
 (2) 研究業績一覧(年代順に各研究業績に番号を付け,審査付論文の番号にはアンダーライン,主要研究業績5点には番号の冒頭に*印を付けること。)
 (3) 主要な研究業績10編(別刷又はコピー,著書)
 (4) これまでの研究業績の概要(2,000字)
 (5) 教育実績の説明(1,000字)
 (6) 取得特許とその内容
 (7) 最近5年間における外部資金の獲得状況
 (8) 着任後の研究・教育に対する抱負と計画(2,000~3,000字)
 (9) 本人の業績についての照会先(2名)の氏名と推薦状
 (A4 用紙 2 頁以内で様式自由。必ず推薦者の署名を入れること。)

8.応募期限

平成29年 7月 31 日(月)17:00(日本標準時)(必着)

9.応募書類送付先

 〒739-8526 広島県東広島市鏡山一丁目3番1号
 広島大学大学院理学研究科 化学専攻長 井上克也
※封筒の表に「大学院理学研究科化学専攻分子反応化学講座教員応募書類在中」と朱書し,書留郵便で送付してください。

10.選考方法

 (1) 書類審査
 (2) 必要に応じて面接を行います。面接では,原則として英語による模擬授業を行います。ただし,交通費等は支給できませんので,あらかじめ御了承ください。なお,書類審査通過者に面接を行う場合は,その形式について,別途連絡します。
 (3)広島大学は,男女共同参画を推進しています。本学は,「男女共同参画社会基本法」の趣旨に則り,業績(研究業績,教育業績,社会貢献等)及び人物の評価において同等と認められた場合は女性を採用します。

11.給与等

 (1) 採用になった方には,月給制が適用されます。
ただし,本人の同意があった場合は,年俸制が適用される場合があります。
  (広島大学職員給与規則,広島大学年俸制職員給与規則適用)
 (2) 採用となった方には,本学の規則に基づき,採用に伴う旅費を支給できる場合がありますのでお問い合わせください。

【月給制適用の場合】
 国,独立行政法人,地方公共団体又は国家公務員退職手当法に定める公庫等を退職後,引き続いて本学に採用される場合は,退職手当の算定の基礎となる在職期間は通算されません。法人化前の取扱いとは異なりますのでご注意ください。
 なお,他の国立大学法人又は独立行政法人国立高等専門学校機構等を退職後引き続いて本学に採用される場合は,現所属機関に同様の定めがある場合に限り通算されます。

12.評価

本学の教員には,採用以降の業務実績について個人評価を行い,その結果を点数化し,処遇へ反映します。

13.その他

 (1) 応募書類により取得する個人情報は,採用者の選考及び採用後の人事・給与・福祉関係に必要な手続に利用するものであり,この目的以外で利用又は提供することはありません。
 なお,採用に至らなかった方の応募書類は,当該採用選考業務終了後,適切な方法にて処理します。
 (2) 広島大学では全ての大学教員は「学術院」に所属し,学部,研究科,研究院,病院などの教育研究組織に配属されます。教員は配属された教育研究組織の教育・研究に従事することになりますが,教養教育科目や他の教育研究組織の教育・研究,全学事業を担当することもあります。

14.問い合わせ先

広島大学大学院理学研究科 化学専攻長 井上克也
 TEL:082-424-7416 FAX: 082-424-0727
 E-mail:kxi@hiroshima-u.ac.jp

 

| HP管理 |