お知らせ

◎広島大学の安倍学先生より、第25回IUPAC Conference on Physical Organic Chemistry (ICPOC-25)の発表申し込み詳細のご案内がありましたので、お知らせいたします。
[続きを読む]

◎広島大学の安倍学先生よりPACIFICHEM2020シンポジウム(#103)に関するご案内をいただきましたので、お知らせいたします。

[続きを読む]

◎東大理の原野幸治先生よりPACIFICHEM2020シンポジウム(#333)に関するご案内をいただきましたので、お知らせいたします。

[続きを読む]

◎京大院工の今堀博先生、京大化研の村田靖次郎先生よりPACIFICHEM2020シンポジウム(#356)に関するご案内をいただきましたので、お知らせいたします。

[続きを読む]

◎慶應義塾大学理工学部の吉岡直樹先生から
PACIFICHEM2020シンポジウム開催・発表申込に関するご案内をいただきましたので、お知らせ致します。

[続きを読む]

◎奈良先端科学技術大学院大学の山田容子先生から
PACIFICHEM2020シンポジウム開催・発表申込に関するご案内をいただきましたので、お知らせ致します。

[続きを読む]

◎京都大学の松田建児先生から
PACIFICHEM2020シンポジウム開催・発表申込に関するご案内をいただきましたので、お知らせ致します。

[続きを読む]

◎埼玉大学の斎藤 雅一 先生から
PACIFICHEM2020シンポジウム開催・発表申込に関するご案内をいただきましたので、お知らせ致します。

2020環太平洋国際化学会議 (Pacifichem2020)シンポジウム(#229)のご案内

2020環太平洋国際化学会議 (Pacifichem2020) におきまして、
“New Horizon of Main Group and Transition-metal Aromatics” (#229)
と題して、新しい芳香族性、例えばσおよびδ芳香族性、励起芳香族性、さらには反芳香族性に関するシンポジウムを開催いたします。
一般口頭発表(枠がかなり限られており恐縮です)およびポスター発表の申込を受け付けていますので、皆さまのお申し込みをお待ちしております。

趣旨:
The symposium focuses on new three types of aromaticity that have recently received considerable attention: main group aromatics, transition-metal aromatics and sigma-aromatic systems. After the discovery of benzene in the early 19th century, the chemists had tried to understand the unique properties of benzene and its derivatives, and accordingly the concept of aromaticity was already established. In general, the aromatic molecules studied until a few decades ago possess have two characteristics: the skeletons of the aromatic molecules were mainly composed of the second-row elements such as carbon, nitrogen, and oxygen as well as sulfur in the third row of the Periodic table, and the aromaticity is referred to as pi-aromaticity because delocalization of pi-electrons produces the aromaticity. After such a long history of the studies on the aromatic compounds, the aromatic compounds are now extended to heavy main group and transition-metal compounds, and furthermore, aromaticity derived from delocalization over sigma-symmetric orbitals is also discussed. Therefore, it is time to get together over discussion on each type of aromaticity, which would enable to get more insight into the aromaticity and even may produce a new concept beyond aromaticity to unify the understandings of all of the properties.

シンポジウム世話人:
Masaichi Saito (Japan), Alexander I. Boldyrev (USA) Haiping Xia (China)

=========================================================
日時:12月16日(水)~17日(木)

口頭発表
12月16日(水)(Morning, Afternoon, Evening)
12月17日(木)(Morning)

ポスター発表
12月17日(木) (Evening)

会場:Hilton Hawaiian Village Waikiki Beach Resort

アブストラクト提出締切:
日本時間 2020年04月02日(木) 13:59
(米国東部標準時(EST) 2020年04月01日(水)23:59)です。

発表申し込み/アブストラクト提出:
https://pacifichem.org/technical-program/abstract-submission/
=========================================================

◎首都大学東京の杉浦 健一 先生から
PACIFICHEM2020シンポジウム開催・発表申込に関するご案内をいただきましたので、お知らせ致します。

[続きを読む]

◎大阪大学大学院理学研究科 久保 孝史 先生から
PACIFICHEM2020シンポジウム開催・発表申込に関するご案内をいただきましたので、お知らせ致します。

[続きを読む]