◎首都大学東京の杉浦健一先生より、円偏光発光(CPL)とキラリティに関する国際会議のご案内がありましたので、お知らせいたします。

円偏光発光(CPL)とキラリティに関する国際会議(International Symposium on Circularly Polarized Luminescence and the Related Phenomena (ISCPL) 2019)のご案内

日 時: 2019年11月28日(木)-29日(金)

場 所: 首都大学東京・秋葉原サテライトキャンパス
     (http://www.comp.tmu.ac.jp/manycore/images/TMU_AKIBA.pdf

参加費: 無料

趣 旨:
近年、不斉な化合物が発する円偏光発光(CPL)に多くの注目が寄せられ、様々な研究分野から多くの応用が提案されています。しかしながら、CPLと分子構造との関連については未知の分野も多く、合成研究は試行錯誤の域を脱しません。又、CPL光を利用しようとする際にも、どうやってCPL光を取り出したらよいのかも、手法が明らかになっておりません。

本国際シンポジウムでは、当該分野の今後の大きな飛躍を期待し、国内外のCPL研究において顕著な業績を挙げられている研究者に招待講演を行って頂きます。合成化学、生物化学、電子デバイスの分野を網羅しており、大いに興味を引くものと思います。この分野にご関心のある方の、積極的なご参加をお願い致します。お知り合いの方にも本シンポジウムをご紹介ください。

どうぞよろしくお願い致します。

又、ポスター発表を御希望される方は、これからでも受付可能です。

—————————————————————————

(プログラム等詳細)
https://www.kitasato-u.ac.jp/sci/resea/kagaku/HP_kinou/cpl_2019/index.html

問合先:
首都大学東京大学院・理学研究科・化学専攻 杉浦健一
電話(042)677-1111
E-mail:sugiura@tmu.ac.jp

| HP管理 |