お知らせ

◎筑波大学の鍋島達弥先生から頂きました年会特別企画の開催についてご案内いたします。

************************************************************************


日本化学会春季年会特別企画のご案内
超分子化学におけるシナジー現象の最前線

会員各位
年会の最終日の午後に(3月19日、13:30~16:30、4S7-08~14)表題の特別企画を開催いたします。皆様にご参加頂ければ幸いです。

プログラム概要(詳細は化工誌1号をご覧ください)
1.趣旨説明:超分子化学におけるシナジー効果(筑波大数理物質)鍋島達弥
2.固液界面での自己集合単分子膜形成における様々なシナジー現象(阪大院基礎工)戸部義人
3.Self-sorting超分子ファイバーの構築と機能(京大院工)浜地 格
4.自己組織化により生じる特異な超分子構造の機能(広島大院理)灰野岳晴
5. 界面シナジーでつなぐマクロとナノの世界:分子マシンを手で動かす(物材機構)有賀克彦
6.π電子系イオンからなる次元制御型集合体の創製(立命館大生命科学)前田大光
7.正多角柱リング分子Pillar[n]areneを基にした超分子材料の創製(金沢大院自然)生越友樹

◎大阪大学の森 直先生から頂きました年会特別企画の開催についてご案内いたします。

************************************************************************


日本化学会春季年会特別企画のご案内
ルミネッセンス化学アンサンブル:キラリティーと発光の融合による化学の新潮流

会員各位
このたび、年会の初日午後(3/16, 13:30~, 1S6-07~13)表題の特別企画を計画しております。
ご多用中を誠に恐縮ですが、周囲の方々にもお誘い合わせのうえ、参加のご検討をいただきますよう、ご案内かたがたお願い申し上げます。

プログラム概要(詳細は化工誌1号をご覧ください)
1.趣旨説明(大阪大学・森 直)
2.平面π電子系化合物の集積によって発現する超分子らせんキラリティーと発光(広島大学・灰野 岳晴)
3.CPL分光法による不斉励起状態の研究:黎明期、現状、将来展望(奈良先端大学院大学・藤木 道也)
4.CPL測定システムの原理とその測定例の紹介(日本分光・近藤 吉朗)
5.錯体のCPL-単分子からエキシマーへ-(成蹊大学・坪村 太郎)
6.キラル自己組織システムからの円偏光発光制御(奈良先端大学院大学・中嶋 琢也)
7.カイロモルホロジー研究と分光学 (東京理科大学・黒田 玲子)

◎立命館大学の前田大光先生から頂きましたシンポジウムの開催についてご案内いたします。

************************************************************************


このたび、第15回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウムを下記の要領で開催いたします。
(今回よりシンポジウム名称をこれまでの「ホスト・ゲスト化学シンポジウム」から変更しております)
ご多用中とは存じますが、皆様のご参加をお待ちいたしております。

第15回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム
討論主題:「分子認識」と「超分子」を中心とする有機化学・無機化学・分析化学・高分子化学・生化学・生体関連化学・材料科学・超分子化学・バイオテクノロジー化学など、分子間相互作用が関わるすべての研究が討論主題に含まれます。

会期:2017年6月3日(土)~4日(日)
会場:立命館大学 びわこ・くさつキャンパス(〒525-8577 滋賀県草津市野路東1-1-1)
発表申込期間:3月6日(月)~4月10日(月)
予稿原稿期間:4月11日(火)~4月25日(火)
参加登録予約申込期間:3月27日(月)~5月19日(金)

特別講演:高田十志和先生(東工大物質理工)
招待講演:矢貝史樹先生(千葉大院工)・生越友樹先生(金沢大院自然科学)
功労賞受賞講演:戸部義人先生(阪大院基礎工)

詳細はシンポジウムサイトをご覧ください。
URL: https://sites.google.com/view/shgsc2017/

連絡先:〒525-8577 滋賀県草津市野路東1-1-1 立命館大学生命科学部内
第15回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム事務局 前田大光
TEL / FAX: 077-561-5969 / 077-561-2659 
E-mail: shgsc2017@gmail.com

◎ 基礎有機化学会事務局より若手育成事業についてご案内いたします。

************************************************************************

若手育成事業について

基礎有機化学会では、将来の基礎有機化学を担う若手を育成する事業(若手育成事業)を実施しております。
今回は平成29年度に開催される夏の学校、若手の会などが対象になりますので、支援を希望される会員の皆様は、申請書をダウンロードの上、メール添付にて申請願います。

申請締切:平成29年3月3日(金)〔必着〕
メール送付先:office@jpoc.ac (基礎有機化学会事務局 北川 敏一 )

(申請書・報告書Wordファイルをダウンロード)
(申請書・報告書PDFファイルをダウンロード)


<<問い合わせ先>>
基礎有機化学会 事務局
〒514-8507 三重県津市栗真町屋町1577 三重大学大学院工学研究科
北川 敏一
E-mail: office@jpoc.ac

◎広島大学の安倍 学先生から頂きましたシンポジウムの開催についてご案内いたします。

************************************************************************


行事名称:新学術領域研究「感応性化学種が拓く新物質科学」第8回国際シンポジウム


会期:2017年3月6日~2017年3月7日
会場:広島大学学士会館レセプションホール
主催団体名:新学術領域研究「感応性化学種が拓く新物質科学」総括班
行事概要:新学術領域研究「感応性化学種が拓く新物質科学」の第8会国際シンポジウムを開催し、感応性化学種に関する研究の紹介、議論を実施する。


行事URL:http://www.strecs.jp
連絡先:広島大学大学院理学研究科 安倍学
Email:mabe@hiroshima-u.ac.jp

◎名古屋大学の忍久保 洋先生から頂きましたシンポジウムの開催についてご案内いたします。

************************************************************************
この度、新学術領域研究「π造形科学」第3回国際シンポジウムを平成29年1月27日(金)-28日(土)に開催することとなりました。
皆さまのご参加をお待ち申し上げます。


[イベント名称] : 平成26年~平成30年度 新学術領域研究
「π造形科学:電子と構造のダイナミズム制御による新機能創出」
第3回国際シンポジウム
[主催団体] : 新学術領域科学「π造形科学」
[会期] : 平成29年1月27日(金)-28日(土)
[会場] : 名古屋大学(所在地:愛知県名古屋市千種区不老町)
[参加申込締切]:1/17
[参加費]:無料
[申込方法]:http://pi-figuration.jp/event/
[HP ]: http://pi-figuration.jp/symposium/inter3en
[問合せ先郵便番号] : 980-8577
[問合せ先住所] : 仙台市青葉区片平2丁目1-1
[問合せ先所属] : 東北大学多元物質科学研究所「π造形科学」事務局
[問合せ先電話番号] : 022-217-5653 
[問合せ先FAX番号] : 022-217-5655
[問合せ先E-mail] : a_nigo@tagen.tohoku.ac.jp 

◎京都大学の松田建児先生から頂きましたシンポジウムの開催についてご案内いたします。


新学術領域研究「高次複合光応答分子システムの開拓と学理の構築」

第5回公開シンポジウムのご案内

このたび、本領域の第5回公開シンポジウム・第5回若手セミナーを下記の要領にて開催致します。
今回の公開シンポジウムでは、領域外からも若手セミナー・ポスターセッションを募集いたします。

皆様のご研究室ならびに周囲の方々にもご周知のほどお願い申し上げます。
ご多用中とは存じますが、皆様お誘い合わせの上、ご参加頂けましたら幸甚に存じます。

敬具
宮坂 博(領域代表者、阪大院基礎工)


新学術領域研究「高次複合光応答分子システムの開拓と学理の構築」
第5回公開シンポジウム・第5回若手セミナー

会 期:2017(平成28)年1月20日(金)13:00 ~ 21日(土)16:00
会 場:大阪大学豊中キャンパス基礎工学部国際棟(シグマホール)
参加費:無料(懇親会費 4,000円:当日受付にてお預かりいたします)
お申込み:参加登録フォームからお申込みください。
参加登録締切:2017年1月13日(金)

詳細は、領域ホームページをご覧ください。
http://photosynergetics.jp


問合せ先:「高次複合光応答」事務局
京都大学 大学院工学研究科 松田建児
E-mail:kmatsuda@sbchem.kyoto-u.ac.jp

吉良満夫先生(東北大学名誉教授)が、平成28年秋の叙勲で瑞宝中綬章をご受章されましたので、お知らせいたします。

吉良先生は本会の設立にあたり学会化委員会の委員長として、またその後顧問として、本会の発展にご尽力いただきました。

このたびのご受章を心よりお慶び申し上げます。

◎金沢大学 秋根 茂久先生より新学術領域「配位アシンメトリー」第1回公開シンポジウム
開催のお知らせについてご案内いたします。

新学術領域「配位アシンメトリー」第1回公開シンポジウム

文部科学省科学研究費助成事業「新学術領域研究」平成28年~平成32年度
「配位アシンメトリー -非対称配位圏設計と異方集積化が拓く新物質化学-」
第1回公開シンポジウムのご案内
平成28年度より、新学術領域研究「配位アシンメトリー -非対称配位圏設計と異方集積化が拓く新物質化学-」
(領域代表者:東京大学 塩谷光彦、略称:配位アシンメトリ)が発足し、活動を開始いたしました。
このたび、公募研究の募集に合わせ、本領域の第1回公開(キックオフ)シンポジウムを開催いたします。

ご多用中とは存じますが、皆様のご参加をお待ち致しております。

新学術領域研究「配位アシンメトリー」第1回公開シンポジウム
日時:平成28年9月24日(土)13:30 ~ 17:00 (13:00受付開始)
会場:東京大学本郷キャンパス 理学部化学本館 5 階講堂
・参加費無料 ・事前登録不要
URL:http://asymmetallic.jp

問合せ先:新学術領域研究「配位アシンメトリー」事務局
京都大学化学研究所 寺西 利治
E-mail:asymmet@scl.kyoto-u.ac.jp

◎名古屋大学 忍久保 洋先生より 新学術領域研究「π造形科学」第3回公開シンポジウム
開催のお知らせについて ご案内いたします。

この度、新学術領域研究「π造形科学」第3回公開シンポジウムを
平成28年10月20日(木)-21日(金)に開催することとなりました。
皆さまのご参加をお待ち申し上げます。

新学術領域研究 「π造形科学:電子と構造のダイナミズム制御による新機能創出」第3回公開シンポジウム
会期:平成28年10月20日(木)-21日(金)
会場: 東北大学「さくらホール」(所在地:宮城県仙台市青葉区片平2-1-1)
参加登録:下記URLより、お申し込みください。
URL:http://pi-figuration.jp/symposium/open3


連絡先:東北大学多元物質科学研究所「π造形科学」事務局
電話   022-217-5653
FAX   022-217-5655
E-mail:a_nigo@tagen.tohoku.ac.jp